a0144424_17032423.jpg
まずは、お天気の話から、猛暑など何処にーと言う感じで、天気が崩れて急激に気温が下がった、パリとパリ近郊、冷房効きすぎ東京メトロのようになっています・・・、(これは、極楽トンボおはん去年の東京滞在の時の体験からです・・。)さて、たまにはファション関係も写真にと掲載したのは、サントノレ通りの店から、夏の花のヒマワリが可愛く夏らしかったので、でも肝心な服の値段などは見ませんでしたので参考になるのかどうか・・、これは前日パリ市内に出た時に撮った写真、極楽トンボおはん達、今年も去年に引き続き、8月下旬から、パリ6区で2人展をするので、バカンスで完全に閉まる前に会場下見に行って来た・・・(これで、極楽トンボおはん達、夏のバカンスなど関係なくお仕事ガンバになってしまったー101.png)それにしても、この週末は又もロングバカンスの出発ピークとなり、そして、7月組みバカンスがそろそろ戻る頃とも重なる頃でもあり、鉄道も勿論、高速道路も渋滞が続くフランス、渋滞の中、わざわざ行かないよー、考えている極楽トンボおばん達なのだが、別の理由でバカンスが心おきなく過ごせないのが、今年、バカロレアも通り、希望の大学に入り学部を決めたい学生達なのにーまだ、学部も決まらないー、大学側からは何の返信もないーと、不安を抱えている人達、(その数、6万5千431人)これは毎年繰り返す問題で、バカロレア修得者が増えた来たのにその対策は旧態以前のまま、大学の学部への受け入れ人数とが会わない、早い話、受け皿が少ないという事になる、それにやはり人気のある学部には殺到するのも当然、この為に入部希望者を抽選で選ぶシステムにも問題が(有能な人材を見落とす事もある・・・)と言う事で、マクロン政権の掲げている政策の1つが、このバカロレアのシステムの改善と言う事のようだが、フランスの大学はほとんどが国立、なのだが、どうも、複雑過ぎてこの辺の事は極楽トンボおばんには説明不可なので割愛します、そして、経済的に大変な学生の為に国から出ている補助金(低所得者への住宅手当補助金)が5ユーロと一律に下がる事になり、それでなくても大変な学生生活、夏のロングバカンス期間はアルバイトに情を出すしかないーと、・・この辺の事情は極楽トンボおばん達も体験済みなので分ります・・、と言う事で、フランスのロングバカンスを全ての人達が楽しんでいる訳ではありませんよー、・・・どこの国でも同じかー・・、しぼむような話で終るのもいやなので、食の話で、今年の暑さのお陰で、フランス産メロンができ過ぎ、この為、値段が下がった、消費者には嬉しいが、生産者にしてみたら、労多く益少なしになってしまったようだが、この間も隣街の朝市で、八百屋の店頭で3個で3ユーロで売っていたメロンを購入、甘さもほども良く、悪くなかった・・・ムフフと頂ましたよー、
a0144424_17023400.jpg
そして、同じく朝市でサバも購入、しめ鯖にしてみたけど、夏のサバはやはり秋サバと違い・・・イマイチ味が淡白過ぎたー・・・これに、家庭菜園の青シソも加えて・・・。今日は、自転車ロードレース、ツールドフランス最終日、パリ市内シャンゼリーゼに入る時に、どうも、極楽トンボおばん達が住んでいるマシー市近くも通り過ぎるようで、旦那オットドッコイなど、道順ももと詳しく説明すべきだー、と、騒ぎながら、生姜焼き、お昼の準備中です、それでは、ボナプチで・・・・。
a0144424_17013087.jpg

[PR]
a0144424_17130823.jpg
まずは、パリとパリ近郊のお天気は、猛暑が又も来たが、直ぐに去り、今度は涼しい風が吹き始め、これも一過性でまだまだ夏は続くと思うが、急激な気温の変化は対応に困る・・・と、これは極楽トンボおはんのつぶやきです。掲載の写真は散歩の途中、夏の花も枯れ始めて何もないー、そして、見つけたのが木の下に咲く小さな花を、マクロ撮影で、中々可愛いーと、自画自賛です・・。さて、5月から始ったマクロン政権、8月から閣僚の人達のバカンスもあると思うが、連日忙しい日程をこなしている、マクロン大統領、それにしても、マクロン大統領が新党を立てて、発足したマクロン政権、まず、この結果からの衝撃波をまともに受けたのが既成政党、まず左、社会党、大統領戦前からまとまっていなかった事がはっきりして、地方議会選で議席数は十分の一に激減、社会党からの離脱者も続出、バルツ元首相から、社会党統一候補として大統領戦に出た、アモン元教育相など(アモン氏は社会党から出て新党を結成です。)この為、今まで社会党の居城だった建物の維持管理は経済的に不可能となり、移転が決まった、何処に移転するのかは今のところ報道されていません、そして、右も大きく議席数を減らして、当選した議員約30人は離党してマクロン政権寄りの新党を結成、ここも、同じく、今までの居城から移転ではとささやかれています・・、そして、最近起こった報道は、軍、フランス第5共和制になって始めて、軍のトップのドブリエ総合参謀総長が辞任した、これは、国防予算の削減が問題となった、(どうも、フランスの年度末は夏のバカンス前7月頃からのようで、軍の来年度の予算削減の話がフランス革命軍事パレード前にあったようです)軍のトップの主な仕事は国からの予算確保なのに、削減では、トップの立場がない為、メディアを使い反論をしたのが原因、これを受けてマクロン大統領はかなり高圧的に反撃、国のトップである大統領が軍のトップでもあるーと、軍の予算を決めるのは政府である国防相なのではと・・・(早い話、簡単にするとお金の事に軍のトップが口出すなとーと言う事のようです)この為、7月14日にあった革命記念軍事パレードに2人揃ってオープンカーに乗っていたが、双方話も無く、冷たい空気が流れていたそうですよー
a0144424_17135301.jpg
マクロン大統領の隣にいるのが、今回辞任した、ドビリエ総合参謀総長・・・、確かに、苦虫をかみつぶしたような顔をしていた・・、ただし、この軍のトップの方、軍では人気があったようで、(これも、メディアの報道なので実際問題は分りません・・。)フランス第5共和制始って以来始めての軍のトップの辞任は、国会でも大きく取り上げて、マクロン大統領の対応はフランス語的に言うと、autoritatreオトゥリティ、権威主義な、とか独裁的な、やり方と反論されていたが、でも、良く考えると、極右翼的な考え方の人にはチヨット小声にして、軍と言う物は国の政府内の決定で動くもので、それが予算の問題でもと思う、(極楽トンボおばんの個人の理想論としては、犯罪防止の警察などは必要だけど、国防の為と言えど、軍というものが大きくなるよりは無くなっていく事の方が大事と思うのだが・・これはあくまでも理想ですよー・・120.png)そして、マクロン大統領もこの辞任を受けてから翌日には次の軍のトップを任命した、それも、空軍基地のある場所で、(ドブリエ元総合参謀総長の出身はパラシュート部隊です)ここでの演説で、マクロン大統領、いままでの総合参謀総長の業績を称えて、来年の2018年には軍の予算の引き上げも検討すると、なんだか、マクロン大統領て中々の役者だなーと・・これも、極楽トンボおはんの個人的な感想です・・、それでは、今日の午後は又も用事でパリ市内まで出かけるので、・・・お昼のボナプチで・・・トマトのサラダで・・・。
a0144424_17143672.jpg

[PR]
a0144424_16580624.jpg
油彩画  24 x 33

夏の猛暑にも負けず、極楽トンボおばんアート・サロンもガンバで、掲載したのは、枇杷の実の静物画、(5月頃、駅前の露天八百屋でモロッコ産の枇杷の実が売られていたの購入、・・枇杷の実は売られている期間が短い・・・)これも今、チヨット置いておいて、時々加筆しています、(少し絵も変化するかもしれません・・)この枇杷のフランス語が時折、値段と共にNefle du japonと書いあるが、元々原産は中国ではないのかと思うのだが、・・(この辺は割愛します、気になる方は各人で検索して下さい・・、149.png)この枇杷の実をフランスの古いお皿の上に載せて描いてみました、そして、勿論、静物画の後には、この枇杷の実も食してみましたよー、味はほんのり甘く、くせもない、のだが、なぜか種が大きい・・ので、食べられる実が少ないーよー・・この枇杷の種の話を後半に回して、・・まず、又も猛暑、第3波が来たーと、天気予報でも報道しているように、昨日も、パリとパリ近郊でも35℃、でも日中の体感温度ももっと高かったと思う、そして、昨日は、どうしても行かないといけない用事があり、まだ少し涼しい朝にこの用事を済ませたが、それでも、暑いよー、と、汗だくで戻った、・・・そして、報道されているニュースを見ると、暑さと乾燥が続くと何時も起こるのが山火事、フランスでも既に、南仏で山火事が起き、長年住んでいた家が焼けてしまったーと、言う話を聞くと、本当にどうにか対策出来ないのか・・・と思ってしまうが、この山火事の起こる原因の50%が人災、不注意から起こる、タバコのポイ捨てからバーべQの後の火の不始末、そして、これは犯罪になる意図的な火付け、これらは見つかった場合、プリゾン収監3年と罰金4万5千ユーロです、でも、失火原因のタバコの吸殻から誰が犯人かなど割り出せるのかどうか?・・・イタリア、ローマで起きた山火事は完全に火付けが原因と報道されていたが、そして、落雷など自然発生が原因は10%位、と言う事は原因のほとんどが人間という事のようです、でも意図的な火付けてー何が目的でするのか・・・消防署、警察でなくても知りたいですよねー・・、この辺の話題も事件結果が分ったら、続きのブログにする予定です・・、そして、夏になると起こるのが水の事故、これも、フランス人の7人に1人が泳げないのが原因、フランスでも70年代からは学校の教科にプールでの水泳修得を取り入れてからは少なくなってきたけれども、それでも、去年は436人の人が水の事故で亡くなっている、・・・極楽トンボおばんも、人事でなく、溺れない程度には泳げるけど、長年水泳とは縁遠くなりつつあるーと反省中です、何処か近場でプールでも探さないと・・・、猛暑になると、余計な事まで考えないといけなくなるー、・・・そして、最後に枇杷の種からの話では、3年前位になるが、極楽トンボおばん、モロッコに行った事があるのですよー、(2013年5月、モロッコ滞在はまとめて、ブログしてありました・・)そして、フランス戻り最後の頃に、スーパーに行き、見つけたのが枇杷の実、値段も安いし、昔良く食べたので、ワー懐かしいと、購入したまま、時間がなく、そのままフランスまで持って帰ってから食べた枇杷の実、そして、大きな種が残り、これを、植えてみたら芽がてで来て、ドンドン大きくなった、この枇杷の木、本当は庭に植えたら良いと思うのだが、今のところ植木鉢で、そして、調べてみたら、この枇杷の葉でお茶も出来ると分かり、葉が大きくなると、その葉を乾燥させて、煎じて枇杷茶にしていますよー、これは健康にも良いとあったが、枇杷茶、飲んでみると、これも、ほんのり甘さがある飲み物なので、夏バテ対策には良いかもしれませんよー・・・、それでは、今日もそろそろ昼も近づいてきたので、ボナプチで・・・。
a0144424_16585662.jpg

[PR]

a0144424_16544778.jpg
まずは、パリとパリ近郊のお天気、・・・暑さが又も戻って来たー・・本当に今年は暑い夏になった、冗談抜きで、太陽求めてどこにも行かなくても、太陽は常にフランス全国何処でも、平等に頭上にありますよー・・174.png・・と言う事で、極楽トンボおばん、ベランダに洗濯物乾しを、特に厚地の洗濯をしています・・良く乾く・・101.png・・そして、上昇しているのは、お天気の話だけだなく、パリ市内の観光客も、ついこの間、パリ市内に出た時、日本食レストランをしている知り合いから声をかけられた、(外食しない極楽トンボおばん達、呼ばれるとチヨット格好悪い気分になるのだが・・それは置いておいて・・)最近、景気はどうーなんて、話から始まったが、パリのテロ事件後、減ってしまった観光客が、少しづつ戻り始めて、今はインドネシアなど東南アジア系観光客が多く、結構、寿司などを食べに入ってくれて、まずまずと、以前に比べて顔も明るくなっていた、それに、日本人観光客も増えてきているようで、極楽トンボおばんの知り合いも観光業の仕事の人達が多いので、チヨットほっとしています。さて、この戻って来た観光客の話とは直接関係ないのだが、終末の土曜日、去年も8月に呼ばれた、友人宅で今年も去年のメンバーでバーべQをしようと誘われた、・・・こう言う食に関する誘いには、直ぐに反応、此方も、デザートなどを作って・・(友人は日本人と中国人のハーフで日本生まれ、奥さんは香港中国人)呼ばれる知り合いも日本人、そして、今回は日本から観光に来ている友人カップル・・どうしても、食事の最後にデザートと言う観念はない、持って行かないと、最後のデザートがない、そうすると食事がフニシューしない、フランス人的には終らないのです、(この辺にこだわりが、でも友人達からは、かなりフランスに毒されていると・・言う目で見られたが・・113.png)・・それが、土曜日の夕方、友人宅は、極楽トンボおばんが住む、南郊外よりは、もう少しパリ寄りの東郊外になる、郊外線と、メトロとバスに乗り継ぎ行くので、以外に時間がかかる場所、今回はテーブルの設置もかなり本格的にしていましたよー、全員が揃った所で始った、・・その後は忙しくなり写真はなし・・バーベQ焼きと、勿論、お話で、今回は全て日本語オンリーで気楽だった、・・
a0144424_16522926.jpg
気楽な気分もあり、極楽とんぼおばん、つい食べすぎ、飲み過ぎ、話し過ぎで、・・・・前回で懲りた郊外線、終電乗り込みを、今回は、本当にギリギリで、乗り換えのメトロの階段を駆け足、走りこみセーフだった、息切れと、アルコールが回り、気分も悪くなった(この年だと、かなりハード・・だったようです・・反省中です135.png)兎に角、無事に戻れて良かった・・と言う事で翌日の日曜日は完全にダウーン、本当に休息の日曜日になりました、やっと、今日から通常の状態に戻って、・・・確り、仕事もガンバです・・。最後に持っていったデザートの今が季節のサクランバーのクラフッティー・を写真に・・、それでは、ボナプチ・・・。
a0144424_16534589.jpg

[PR]
a0144424_17352123.jpg
昨日のフランス革命記念軍事パレード、通称は、キャトル・ジュリエ、7月14日と言っているが、勿論祭日でお休みー、7月をまだバカンスを取っていない人達にしてみたら、ユピーと言う連休です、今年の革命記念日の軍事パレードへの参加国はアメリカ、今年が丁度第一次大戦にアメリカから参戦して100年目という事で、トランプ大統領も夫妻で参加、そして、マクロン大統領も大統領になって始めてのパレード、マクロンの閣僚のほとんどが始めての参加と思う、写真はテレビ画面から、パレードの先頭は、アメリカより、これは慣例で招待国がまず1番始めにパレードします。それにしても、昨日、来仏してから約24時間帯在する間に、トランプ大統領夫妻、アンバリッドを訪れ、ナポレオンの墓ではマクロン大統領が英語で自ら説明、そして、エリーゼ宮、夫人は子供の病院訪問、ノートルダム大聖堂、セーヌでの遊覧、夕食はエッフル塔の2階にあるレストラン、アラン・デュカスの料理で・・・と、パリ観光を堪能、勿論、アメリカにもフランスの宣伝を・・・効果はあったと思う、トランプ大統領個人も大統領戦の時もその後も、テロの問題ではフランス、パリはもう以前のパリではなく訪れる所でもなくなったーなどとツイータしていたが、これは撤回してくれると思う、ただし、環境問題のパリ協定よりアメリカが抜ける話の撤回の回答はなかったー、マクロン大統領、パレードの観賞中はトランプ大統領の座る後ろに、フランスの環境大臣を座らせていたが・・・、そんな事で簡単に変える訳もないかー・・
a0144424_17365529.jpg
a0144424_17355883.jpg
それにしても、去年の革命記念日、国民の祝日、フランス各地で夜は花火大会などをして楽しみのが恒例だったのに、去年、ニースでテロがあり、テロリストがトラックで花火を見に集まっていた群衆に突っ込み、86人が亡くなり、その内15人は子供、300人以上が負傷、去年のこの時、極楽トンボおばん達はペリゴール地方に行っていたので、ニュースは翌日の朝知ったのだが、このニュースでバカンス気分が急に萎れてしまったのを覚えている・・・そして、そのテロから1年目の追悼セレモニーが昨日午後から行われ、このセレモニーにはマクロン大統領も出席、午前中のシャンゼリーゼでの軍事パレード参加後、トランプ大統領を見送り、そして、その後ニースに・・、(大統領織も大変・・・なのだー112.png)ニースの犠牲者の家族もやっと、合同追悼セレモニーに応じての1年目、それにしても、これからは、この革命記念日パレードの日が、常にニースのテロの記念日となってしまった、フランス、・・・このセレモニーでニース市からのメッセージ掲げたのが、フランスの自由、平等、博愛の言葉をニースの海岸通りに・・これからも、フランスは戦っていくと言う事のようですよー。極楽トンボおばん達、今日の夜は久しぶりに知り合いに呼ばれて、デザートのサクランボーのクラフティーを作って持って行く、近場でないので、夜は帰りを気にしないといけないよー・・・。それでは、良い週末を・・。
a0144424_17374268.jpg

[PR]